変態女子 番外 フェラチオ専用娘 Tsukushi

カテゴリー:フェチ
タグ:フェラ オナホコキ

元ネタ

ドラえもんドラえもん

入手方法と特徴

結構長く続いてるらしいフェラAVシリーズだそうです。

元ネタはドラえもん、本気なのか…

パケ裏を見た時に「なんか見たことあるけどまさか…」と思いましたが「ドラえもん的な衣装で不思議フェラ」と書いてあるので間違いないようです。

ユーザーレビュー

感想と評価

評価

感想

 本当にフェラしかないフェラ特化作品にちょろっとだけアニコス(と言っていいのか微妙)がありました。

 該当部分は15分弱ほど。時間としてはかなり短い。ドラえもんコス部分にはフェラだけでなくオナホコキもあり少し嬉しい。アニコス以外のシーンもやはりフェラだけ、完全に特化しています。

 女の子はパケ写の通り「美少女!」ではない。しかし妙なエロさを持っており、彼女がひたすらフェラだけで抜きに来る様子にはクルものがある。写真よりも動いてる方が可愛いので、パケ写はちょと可哀想。

 問題はやはり挿入一切ナシの特化ぶり。露出は特典映像でのパンチラのみ。まあ特化作品としては正しいし、ウチ的には脱がないのは素直に嬉しい。しかしドラコスの短さは痛い。そう悪くないだけにもったいないな。

 不思議な魅力もあるが、主役はフェラ。アニコスだけを目当てに見るのは辛いだろう。
レビュー:

注目ポイント

  • ドラえもんコスが普通に可愛い
  • 美少女ではないがエロさがある

残念ポイント

  • ドラえもんコスは非常に短い
  • 挿入一切ナシで露出もない(特化作品としては良い点でもある)

流れ

ピンクの私服で椅子に座る男へフェラ

漫画喫茶、ブルーの私服で椅子の男へフェラ

白シャツ+プリーツスカート+ニーソ。早漏男に焦らしフェラ、だそうです

ドラえもん風メイド服。ソファーに並んで座り、最初は軽く手コキ。その後は亀頭を舐めたり、しっかり咥えたり

貫通型のオナホで恐る恐るオナホコキ、はみ出た亀頭をフェラ。そのままオナホコキフェラでイカセる。発射された精液を少し離れて口でキャッチ

映像特典。パンチラとパンツ脱ぎ。インタビューなど

その他作品情報

型番ABF-085
タイトル変態女子 番外 フェラチオ専用娘 Tsukushi
出演女優
シリーズ変態女子フェラチオ専用娘
発売日2015/06/19
時間110分
監督
メーカー映天
レーベルKYおやじ共同組合
説明今回の娘さんは、本当に発売するか【お蔵入りにするか】本当に迷った女の子がやって来てしまいました…と、言うよりも撮ってしまいました。 とにかくどこをどう取っても【普通の優等生】と言う子で、AVの面接なのに、ご立派な履歴書持参・生徒会長証明書を持ってやって来ました。もちろん大学生で18才以上の子なのですが…。とりあえず生い立ちはさておき、話の流れで、ひとまず、良心も去ることながら、フェラチオをさせる事になり、チンポを見せると…、これはこれは、文書では言い表せる事が出来ない様な豹変と言うか【憑依】と言った方が適切な程の猛獣顔になり、小生、恥ずかしながら、ちょっと萎えてしまいそうなほどの目力に恐れを抱いてしまいましたが、そこは据え膳食わぬは男の恥…的な勢いで舐めさせると、完全にエロと言う概念が無くなるほどの、獣ぶり…オーバーに演じた物とは全く違う、【生きて行くための力】を、この牝獣のフェラチオに感じてしまいました。AV的に言う恥じらいとエロのギャップと言う言葉では軽すぎるほど、この娘さんの育ちに僕は良心と背徳心に苛まれ、心配になりながらも、ピクピクと言うレベルでは無いほどの快楽に溺れ、自分の中の悪魔を実感させられました。大した技術のフェラではないのですが、家賃が払えぬほどの厳しい都会暮らしの現実を打破しようとするための決意あるフェラ!咥える、舐めると言う行為に没頭し、そんな自分に時折り恥じらいながらも、卑猥な音を奏でる生徒会長の優等生フェラ!まさしく見せるためのフェラ…と、言うよりも、生きるためのフェラと言う感じでした。 フェラはフェラでも、抜くためのフェラ…と言うよりも、彼女自身、生き抜くためのフェラ!と言う今時では珍しい、本当にワケありの娘、これぞまさに素人物の醍醐味ではないでしょうか?撮影が終わり、帰る時にご丁重に、おにぎりを下さいと懇願された時、良心が痛みつつ、困惑しながらも、ぜひこの醍醐味を感じて欲しく発売に至りました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る