聖き汐のアルビレオ

カテゴリー:単独作品コス
タグ:スパッツ

元ネタ

イオナ蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-
タカオ蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-
ハルナ蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-

入手方法と特徴

今流行りの艦船を女体化する系のアニメがアニコスAVになりました。

元ネタは「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」で、キャラはイオナ・タカオ・ハルナの3人。

イオナはオナニーのみ、タカオは陵辱レイプ、ハルナは和姦。

CGを駆使した原作再現シーンにも気合が入っています。

ユーザーレビュー

感想と評価

評価

感想

 再現に力を入れ過ぎ系、「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」のアニコスAV。

 寸劇シーンは確かに凄い。CGや合成の質こそ高くはないがあまりケチらず使っており、一昔前の休日朝のヒーロー物のようだ。時間も長く、エロシーンが始まるまでに15分かかるほど。

 肝心のエロは3シーン。オナニーと拘束レイプと強引な和姦。特にイオナのスパッツ履いたままのオナニーシーンは良かったです。

 ただ不満点もわりと多い。女優の質は「イオナ>ハルナ>タカオ」なのにエロの時間は「タカオ>ハルナ>イオナ」だし、そもそもイオナに本番がないし。寸劇部分と比べてどうしてもエロが淡白に見えちゃうのも残念。

 寸劇とエロのバランスは決して良くない。しかしアニメ本編を見た人ならツッコミ前提で笑えるかと。
レビュー:

注目ポイント

  • AVの寸劇とは思えない、気合い入りすぎなCGを使った原作再現シーン
  • 履いたスパッツの上から、中に手を突っ込んでのオナニー

残念ポイント

  • 寸劇に比べるとエロシーンが淡泊に見える
  • CGにお金がかかったからなのか、女優の質がバラついている

流れ

CGを使ったもはや寸劇とは言えないレベルの寸劇シーン

イオナがオナニー。最初は胸を揉む。次にスパッツの上から股間を愛撫、そしてスパッツの中に手を突っ込む。スパッツ脱いだら直接指を挿入。イッて終了。

拘束されたタカオ、2人の男に身体中を撫で回される。拘束が外され、手マン、軽めのイマラチオ、パイコキ。手を抑えつけられ挿入レイプ。2人の男から順番に中出しされて終了。

ソファーでハルナが男と。命令されてフェラ。身体を愛撫され太ももに擦りつけられる。服を脱ぎ、口でコンドームを装着させられ挿入。中出しされて放置されて終了。

その他作品情報

型番STAK-14
タイトル聖き汐のアルビレオ
出演女優青井いちご あすか光希 吉川いと
シリーズ
発売日2014/03/14
時間116分
監督
メーカーSTUDIO2.5
レーベルSTUDIO 2.5
説明突如現れた人類の敵、霞の艦隊の船の精神モデル、レオナは、レオナの艦長である幻像と共に人間側に付き、霞の艦隊と戦っていた。ある日、霞の船の精神モデルであるタカヤとアユナから話がしたいと連絡があり、精神世界に出向くレオナ。レオナは、タカヤに霞の艦隊に戻る意思はないかと問われるが、人間側に付くのが最良と断る。タカヤは、人間の醜さをレオナに説明するもののレオナにはそれが理解できなかった。レオナは、船に戻り幻像にタカヤに聞いた人間の醜さを聞くのだが…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る